FC2ブログ

本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


02月 | 2021年03月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

【感想】歴史の嘘と真実―誤解だらけの「正義」と「常識」/井沢元彦
歴史小説家として著名な井沢元彦さんの歴史観について書いたエッセイを読んでみました。

■ どんな本?
タイトルの「歴史の嘘と真実」というのは、やや誇張気味のように思えます。

恐らく相応しいのはサブタイトルの「誤解だらけの」の部分でしょう。
タイトルがキャッチ―な方が売れるという算段などからつけられたものだと思いますが、よくある「日本の歴史は米軍によって書き換えられていた!」というような過激な論調の本のように見えてしまって勿体ないなと思います。

柔軟な視線で歴史について考え、その矛盾点について考える内容です。
何かを突き詰めるのではなく、こういう見方、考え方の方が自然じゃない?と語り書けるような一冊です。

■ 感想
端的に言えば史料至上主義への批判でしょうか。
現在の歴史の定説の多くは資料で立証されていて、それが真実のように見えます。
もちろん史料の無い事を「こっちが事実だ!」と闇雲の言うのはあり得ない話です。

しかし当時の人々の人間的な立場になって考えてみると、必ずしも全ての事が史料通りというのは、逆に引っかかる部分もあります。

史料の中には時の権力者によって改変された物もあれば、いつしか美化されてしまった物もあるでしょう。
時代は違えど同じ人間が歩いてきた道のりです。
もっと人間的に考える余地が歴史学の中にあっても良いのかもしれません。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.