本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

オリジナルクエスト ミラクルとんちんかん/えんどコイチ
名作『ついでにとんちんかん』の続編、『ミラクルとんちんかん』の番外編として作られたのが、このオリジナルクエストです。しかしとんちんかんってなぜか名作って表現が似合わんなぁ…。
いつものとんちんかんの面子に、主人公である自分自身を加えて魔王に捕らえられた王女様を助けに行くという、オーソドックスなRPGテイストの物語になっています。

しかしそこはえんどコイチさんただのRPGは描きません。
態度が大きい王様に噛み付いてみたり、見下ろし型フィールドの特徴を揶揄して、マップ上で町を踏み潰してみたり…。
丁度ネタとしてはかつてのファミコンのRPGぐらいでしょうか。
突っ込みどころ満載のゲームシステムを経験してきた世代なら『そうそう、あったあった』と頷いてしまうような内容が沢山です。

ちなみに主人公は別キャラクターになっており、間抜作先生以下とんちんかんのメンバーは『赤い月の戦士』として、勇者に同行する役割です。

大半は怪盗時代から横道にそれがちだったのでそれほど違和感の無い漫画形式で、後半でゲームブック形式の選択肢、その他にもクイズや迷路といったゲームの要素(?)を取り入れた無いようになっています。
えんどコイチさんといえば、ギャグ漫画のほかに社会風刺を取り入れた作風も得意な方ですが、この作品はギャグを通してRPGゲームというものを斜に構えてみるような、そんな作品になっており、作者らしい作品だなと思います。

他、ある事情から成仏できない人々を成仏させなければならない一家と、一人の青年との物語を描いた『なにゆえレイユ』、どういうわけか正義の味方になってしまった少年少女の活躍を描いた『ぱられるクロス』を二話、世の中の不幸を全て背負っているような怪しげな一家、闇雲家族との交流を描いたブラックジョーク炸裂の『お先まっ暗 闇雲家族』を収録しています。
なにゆえレイユは感動のストーリーで、他はとんちんかんに勝るとも劣らない勢いのあるギャグマンガです。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.