FC2ブログ

本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


03月 | 2019年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

迷探偵ホラムズ: ホラムズ&ワタソン シリーズ合本/ 遠野 秋彦、 きた あきら
ちょっと変わった贋作ホームズを読んでみました。

■ どんな本?
この本は贋作ホームズと言っても、基本的にホームズの設定などを踏襲した本ではありません。
探偵役のホラムズ、相棒のワタソンといったキャラクターたちはまだWindowsが3.×の時代に出ていた専門書のThe Windowsで連載されていた、技術解説の為の連載である【API散歩道】という作品に登場していました。
ただの解説ではなく、小説風に仕上げられていた事から発展して登場したのが、この合本に収録されている三篇です。

収録作品は下記の通りです。
・電子出版殺人事件
・電子商取引殺人事件
・Windows殺人事件

特に前の2作はタイトルからも判り易いと思いますが、作品中では一つのIT分野のテーマについて取り扱われています。
事件の解決と共に、テーマになっている話題について解説や問題点の抽出などが行われる…という内容になっています。

■ 感想
まず個人的な事を言わせて頂けば、僕自身はまずまず早くからPCに触れる機会がありました。
Windowsも3.1から触れていますし、電子手帳のZAURUSシリーズを通して電子書籍も早くから利用していました。
なのでこの本の内容はとても懐かしいのです。

古きよき時代…というほど便利な時代ではなかったかもしれませんが、本当に懐かしいです。
同じようにITの時代を歩んできた人は、きっと中に登場する電子書籍への考え、デジカメ、様々なソフトウェアについては本当に懐かしく感じることでしょう。

ただ厳しくいえば、たとえばWindows XPやそれ以降のOSからPCに触れるようになった人、iPhoneなどのスマートフォンをきっかけに電子書籍に触れるようになった人…こういう人たちにとっては、この本は余り心の琴線に触れる事は無いのではないでしょうか。
その時代についての理解を抜いて、たとえばただの推理小説として読むのであれば…どうでしょう。
物足りなく感じる方もいるのではないかと思います。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.