FC2ブログ
About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
刑務所なう。 / 堀江 貴文
 どんな本?
元ライブドア社長の堀江貴文氏が証券取引法違反で刑務所へ入った時の記録です。

この本で面白いのは、ただ自身が刑務所内で体験した事を綴っただけの本ではない事です。
刑務所の中から外部のスタッフと面会などを駆使してやり取りして、ほぼリアルタイムで発表されていた事です。
なのでこの本が発表された2012年の時点では、まだ刑務所の中にいます。

仮釈放されるまでシリーズ化されており、それぞれ刑務所なうなう2わずの三部作となっています。
本作は刑務所に入る前のエピソード、そして刑務所での生活が始まって徐々に馴染んでいくまでが描かれています。

 感想
僕は三部作を全て読みましたが、刑務所の体験記として読むならこの第一作目が一番お勧めです。
二番目のなう2は刑務所での生活での真新しい発見が少ない事から、やや日本経済などの論評の色合いが強く、三番目のわずは、仮釈放の感慨が強いので刑務所生活は余り描かれていません。

刑務所でのルール、しきたり、生活の様子などはとても興味深いです。
もちろん入る予定はありませんが、体験で数日くらい入れるようなイベントがあるなら参加してみたいなと不謹慎なことを想像するほどでした。

それから一番思ったのは、刑務所内でも意外と外部の情報を得る事が出来る点です。
後に【ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った】という著書を出すほど、大量の本を読破していたり、著名人のブログやTwitterをプリントアウトしたものを読みふけったりしています。
情報に関しては多少の時間差はあるものの、かなりリアルタイムかつ具体的に入手しています。

情報発信についても同様で、便箋に収まるように文字数が制約される事や、一部で出せない情報もあるようですが、それでも有料メルマガの配信を続けていたり、前述の通り収監中にこの本も発表されています。

これは堀江貴文自身が充分なお金を持っている事や、外部に差し入れを出来る(登録制だそうです)スタッフを配備するなどして状況をきちんと整えていた為でもあるので、一般の受刑者とは少なからず異なる点があるのは事実ですが、それが出来るという点は新鮮な驚きでした。
それから刑務所の映画上映の多さも驚きです。
映画に関しては間違いなく一般の人よりも多く観ていると思います。

外では余り見せない弱気になるシーンなどもあり、三部作のどれかを読んでみようと思っている方はぜひ一作目を。
そして機会があれば三部作全てを読んでみる事をお勧めします。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/09/27 17:40] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1804-6401406c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記