About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
かまいたちの夜-A Novel編 (androidアプリ版)
サウンドノベルの金字塔、かまいたちの夜がソフトバンクのApp Passで配信されていたので遊んでみました。
※遊んだのはAPP Passのandroid版です。iOSやApp Pass以外で配信されているアプリとの違いなどがあるのかどうかは判らないのでご了承ください。

 どんなアプリ?
SFCで発売された【かまいたちの夜】のスマホアプリ版です。
最大の違いとしては、物語の分岐が最初に自分で選択できる事です。

元祖のかまいたちの夜は何気ない会話の選択肢を選ぶことで、本格ミステリーに進んだり、時にはギャグ展開の【釜井達の夜】のような展開をしたりします。
これがなかなか難しくて、自分が思ったストーリーに進まなくて何度も挑戦しなおした!という苦い思い出をお持ちの方もいると思います。
本作では【ミステリー編】、【スパイ編】、【悪霊編】、【釜井編】、【迷宮編】、【暗号編】、【探偵編】、【喜劇編】、【迷路編】、【A NOVEL】という分岐を最初に選んでからプレイを始めるようになっています。

エンディングリストなども追加されているので、初代のSFC版からすると、随分と遊びやすくなっています。

 A NOVEL編
僕もかまいたちの夜は好きで、SFC以外も少し遊んでいるのですが、一番目を引いたのがA NOVEL編でした。
今回はこちらについてご紹介します。

これは実は選択肢無しの読み物です。
BGMと効果音がついた小説として作られています。
読む側は最後の解決編の前に、犯人を推理するように促されるものの、最初から最後まで何かを選択する事は一切ありません。

ネタバレ等は続き以降で。


 ネタバレ
スマートフォンユーザー以外でA Novel編を遊べないよ!という環境も方もおられると思うので、ネタバレ込みで解説します。
もしこれから遊ぶ予定だという方がいましたら、以下は読まないで下さい

A NOLE編はストーリーの展開からすると、王道のミステリーの展開になります。
最初の被害者は田中一郎で、そこまでの展開はSFC版のかまいたちの夜と同じですが、そこから先が変わります。
原作での犯人は美樹本洋介ですが、本作では登場自体しません。

犯人は香山誠一です。
田中一郎(偽名)はかつて総会屋として香山誠一の会社経営に裏で協力していた人物です。
後に手を切っていたものの、暴力団に対する法規制の強化で景気が悪くなっていた事から再び香山の前に現れ、多額の現金を要求していたのです。
そして家族へ危害を加える事を示唆された香山は、田中一郎を殺害してしまいました。
自分が犯した罪に動揺した彼は、以前耳にしていたかまいたちの伝説になぞらえるような傷を残してその場を逃げ去ります。

犯行を裏付けるヒントとなるのは時計の時間です。
シュプールの客室にはオーナーの考えにより時計が用意されていません。
しかし一部の部屋にはビデオが備え付けられており、そこにはデジタルで時間が表示されています。

香山はいつもの癖で、田中一郎の部屋へ訪れた際に設置されていたビデオの時計の時間を自分の腕時計に合わせていました
しかしビデオの時計は停電の影響でずれてしまっていたのです。
この事から、香山がビデオデッキのある部屋…すなわち、田中一郎の部屋に入室したことが証明されたのです。

…と、こんな感じのストーリーです。
歴代の様々なシナリオのパターンと比べても、一番スマートな展開だったのではないかと思いました。
この展開を書いたのも我孫子武丸さんなのかは確認できていませんが、そうであると仮定すると「こういうトリックも書くんだな」と、新鮮な驚きでした。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1794-65d994bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。