FC2ブログ
About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
天空高事件 放課後探偵とサツジン連鎖/椙本孝思
迷探偵 黒彦シリーズの二作目を読んでみました。

 あらすじ
魔神館事件から一ヵ月後、黒彦の学校生活から事件は始まります。
黒彦の同級生の少女が飛び降り自殺をした。

しかし彼女に近い友人たち…探偵部のメンバーは、彼女の自殺を疑って調査しようとしていた。
そこに黒彦は参加するように請われたのだ。
飛び降り自殺をした少女の、生前の推薦により。

 感想
本作の感想は率直に言えば「ライトノベルになったな」といったものです。
前作では普通のミステリー作品の中に犬神果菜のみがライトノベル風のキャラクターとして登場していましたが、本作ではそれに学校の探偵部の面々が加わるので、かなり雰囲気が明るくなりました。
探偵部という存在自体も、ライトノベルにありがちな○○部みたいなノリです。部長の名前も夢野姫子でそれっぽいし。
それに対して好印象を抱くかどうかは、ライトノベルが好きかどうかによって違ってきそうですね。

ただやっぱり犬神兄弟の個性は強いですね。
最初に読んでいた時、探偵部の面々と黒彦を中心としたライトノベル風に変わっていくのかと思いきや。
二人が登場すると、一気に前作の世界観が戻ってきます。

ラストシーンでの意外性は本作でも健在。
一気に最後まで読み進められました。

ネタバレ等は続き以降で。


この作品、前作の時にも感じたのですが…、イマイチ人を殺す重みに欠けます。
建物などのシチュエーション、トリックが先走っていて、犯人が人を殺す動機がこじつけっぽく感じられる。

今回の犯人で言えば夢野姫子。
それくらいで人をあやめてしまうの?と、しかも親しくしている少女を。
状況に対しては可哀想だと思うし、同情もする…けれど、夢野姫子がちょっとサイコパスな人間だった事が事件を引き起こしてしまったのではないか…そんな風に感じてしまう部分もありました。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1783-6f531770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。