About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
ドラマ版・かまいたちの夜
サウンドのベルの名作、かまいたちの夜のドラマ版をamazonで観る事が出来たので、観てみました。

 あらすじ
大前提としてお知らせしますが、このドラマは決してゲームのかまいたちの夜を実写化した作品ではありません。

このドラマの主要登場人物は、かまいたちの夜が好きでネット上で集まったメンバーたちです。
彼らはネット上でゲームのキャラクターの名前を名乗りながら、やり取りをしていた。
そしてゲームのように、ペンションでのオフ会を行うことになった。

和気藹々と進むオフ会。
しかしゲームをなぞらえるように殺人が起こる。
まるでゲームを再現するように、次々と…。

 感想
このドラマ版は前述の通り、ゲームの設定を使った全く別物の作品です。

かまいたちの夜はどちらかと言えばホラー要素のあるサスペンス作品で、犯人探しもエンディングへの重要な要素でした。
しかしドラマ版はよホラー要素のみですね。
推理も行われるのですが、エンディングには余り影響しません。

僕はよくB級ホラーと言われるホラー映画を観ますが、展開としてはそれに非常に似ています。
犯人の実像がつかめないまま、殺されていく。
そしてエンディングまで観終えても、いまいち判らない。

結局、観ている最中の雰囲気を楽しむのみの作品です。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1782-efac7088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。