About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
ザ・ビースト~ブレイロードの悪夢~
懐かしい!と思わず声が漏れるようなホラー映画を観てみました。

■ あらすじ
とある田舎町で、失踪事件が起こった。
車だけを残して女性が姿を消してしまったのだ。

町に新しく来たばかりの保安官が調べを進めていく中で、町に伝わる魔物の伝説が浮上してくる。
犯人は狼男…?

そして失踪事件は頭部の発見により、殺人事件へと変わっていく。

■ 伝統的なホラー
物語としては、非常に伝統的な形に則ったホラーだと思います。
今の時代に狼男!?銀の弾丸が効く!?
…と、「うわぁ、あったなーそんな設定!」と身悶えしたくなるようなストーリーが続きます。

21世紀らしいところといえば、携帯電話が出てくると未確認生物の研究家の見解がこういったB級ホラーの作品にはしてはやや科学的な感じといったところでしょうか。

■ 感想
ホラーとしては本当に伝統的な形のものです。
怖がらせる要素は、突然現れる狼男と狼男が食い散らかす死体の臓物などでしょうか。

ストーリー面は意外と力が入っていて、恋愛模様などもしっかり描かれています。
寧ろホラーのシーンの方が少なめかもしれないので、臓物などの問題をクリアできれば(笑)、ホラーが得意じゃない人でも見やすい作品だと思います。
最後のどんでん返しも定番といえば定番の進め方ですが、悪くないと思います。


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1771-342c732c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記