本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

中古車選び  これだけは知っておけ!/森 慶太
小気味いい一言が持ち味の森 慶太さん。
新車の車評と共に中古車の記事も連載していた彼の、中古車の車評です。

本の構成は、前半が中古車についてをの様々な情報。
後半が個々の車の車評と、巻末に個々のメーカーからお勧めの車の一言車評。もはや僕はこの一言車評が読みたくて手にしたようなものである。

前半では『「クルマは新しいほどいい」わけでは必ずしもない』と評し、モデルチェンジ直後に起こる揺れ戻しのような、前の型への需要の高まりや、現在の大型化が進んだ軽自動車を例えに挙げて、以前の基準で作られていたものがいい場合もあるという事を説明。
軽自動車に恨みは無いものの、確かにモデルチェンジをして『前の方がよかったのにな』と思うクルマもあり、そういう理由から中古車ディーラーのドアを叩く人も少なくないという事へ、妙に納得。
また、大手の中古車ディーラーのオーナー二人を招いての、中古車談義では中古車の価格の決まり方や、意外な人気の変動、また選び方や中古車だからこその変わったお客まで、なかなか面白かったです。

後半の車評は『一般推奨銘柄』として、先述のようなモデルチェンジ前の方が人気があったような車、評価が高かった車を挙げています。
そして『レアもの銘柄』では、ビートやフィガロのような企画性の高い車を紹介、新車で買うのは…と思っても、中古車でなら!?といった感じの内容でした。
『マニアック銘柄』は、マニアックな車というよりは、森 慶太さんじしんの趣味爆発!といったコーナーで、恐らく森 慶太さんが欲しいんだろうなぁという微笑ましい雰囲気です。
ちなみに全車両、外車。

そういえば森 慶太さんは結構外車寄りな方ですが、この本の冒頭では日本車のオートマの性能の向上に驚いたようで、今の日本車のお勧めは三段オートマだそうです。
…車種じゃない。

そして『記念物銘柄』ではR32 GT-Rからミラ(550cc)まで、色々とバラエティ豊かです。

もう本としては古いので、さすがにこの本でお勧めとはいえ、この時期の車を中古車で買うのは微妙な時期になっている車もありますが、前半部分や、個々の車がどういう理由で挙げられているのか?という事を読み進めていると、選ぶポイントのような物が見えてくるかもしれません。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.