本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

新・悪魔の棲む家
新・悪魔の棲む家を観てみました。
過去に悪魔の棲む家のシリーズで、何かを観たのがどれだった思い出せなくて、とりあえず中古でDVDが安価に出回っていたこちらを見てみました。
1978年製作の映画で、アンドリュー・プラインが出演してます!僕、好きなんですよ。
尚、主演はリチャード・クレンナです。
…が、本家の悪魔の棲む家が1979年なので、僕が探していたシリーズ物とは異なり、内容も本家とは異なるもののようです。

 あらすじ
主人公は大きな邸宅を購入する事になった。
そこで何名かの人を集めて、引越しの準備をする事になった。

しかし、途中で主人公は悪魔の封印を解いてしまう。
そして家は閉ざされ、超常現象が彼らを襲うのだった…。

 怖い?
まさに1970年代のホラーといったところでしょうか。
幽霊も出てきますが、伝統的な白いモヤッとした幽霊で、恐怖は感じません。
…というか、そいつは味方してくれるし。

人は何名か死に、そこそこ残酷な描写もありますが、スプラッタな感じは無くてグロいのが苦手な方でも目をそらすことなく観ていられる範囲だと思います。
相当に怖いのが苦手な方は別として、現在の様々な作品を見ている方なら余り恐怖は感じないでしょう。

後、一番アレなのでラスボス的な存在である、封印から解かれた悪魔。
人がよさそうな、寧ろ天使のような外観です。
話している内容、している事は十分に悪魔なのですが…迫力が無いかも。

■ 感想
クラシックと割り切ってみれば、なかなかな物だと思います。
ただ背筋が冷えるような思いをしたい、キャーキャー叫んでストレス発散させたい?といった、ホラー本来の楽しみ方を求めるのであれば、さすがに古い作品なので難しいと思います。

ブログ内に他のカテゴリーが無いのでB級ホラーのカテゴリーで書いていますが、きちんと作られていますし、これはこれでホラーの歴史の中に名前を残すべき名作の一つだと思います。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.