本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
性格は変えられる―ホームズとワトスンに学ぶ心理学講座/小林 司
ホームズという名前を見かけたので、心理学の本を読んでみました。

 どんな本?
ホームズとワトスンの対話という形式を取って、性格や人の心理について話し合う本です。
タイトルにもあるように、性格を変える為にはどうすれば良いのか…といった事が主題となります。

この本自体は、まさにTHE心理学の本であり、たとえばホームズやワトスンがこの本の中で何かの事件を解決する訳ではありませんし、それにかけて心理学を学ぼう…といった内容でもありません。

 感想
心理学の本としては、読み応えもありますし、説得力もあります。
素人である僕でも判り易く解説してあると思います。

…が、一つ大きな問題があります。
この本、ホームズとワトスンじゃなくて良くね?

余り関係ないんですよね。フィーチャーされていないと言うか、会話をしている二人がホームズとワトスンであるという事以上に何の関係もない。
心理学の本を読むオマケとして、ちょっとそれっぽいエッセンスが加えられているという程度に思っていた方が良いでしょう。
後、ワトスンが先導で喋っているというのも、ちょっとした違和感に繋がっているのかも知れません。どちらかと言うとワトスンのファン向けかも。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。