本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
シャッターシャワー/池沢さとし
カメラを題材にしているマンガと言う事で興味を引かれて、シャッターシャワーというマンガを読んでみました。

■ どんなマンガ?
主人公は元々、カメラの巨匠の元で働くカメラマンでした。
順調に仕事をこなしていましたが、ある日…女性トラブルから仕事をすっぽかす形になってしまい、クビになり、更には巨匠の圧力で業界からも追い出されてしまう事態に陥りました。

シャッターシャワーは主人公がその状況から、カメラマンとして再起、大成していく経緯を描いた作品です。

■ 感想
このマンガは元々、プレイボーイで連載されていました。

…ということで、大体を察して欲しいところですが。
被写体は女性で、ヌードが中心になっていきます。

作品中に登場する人物、主人公やそのライバル役も含めて良い写真を撮る事はイコールで女性を口説く事です。
恋する女性は美しいと言えばそれまでですし、話術なども人の写真を撮るカメラマンの重要な技術であるのは確かでしょうし。

ただ純粋にカメラのマンガと思って読むと肩透かしかも知れません。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。