本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

プロジェクトX「男たちの復活戦、デジタルカメラに賭ける」 技術者魂よ、永遠なれ
NHKの人気番組・プロジェクトXの小説版を読んでみました。

今回のテーマはデジカメ。
デジカメ普及の立役者、名機・QV-10の誕生秘話です。

 QV-10とは
デジカメ普及の立役者、カシオ計算機のQV-10。
小型化・低価格化は勿論、背面の液晶パネルのやパソコンとの連携を最初に導入したカメラです。
ヒット商品となり、その後のデジカメ業界に大きな影響を与えた機種です。

今回は紹介するのは、その誕生秘話となる物語です。

 大手、怖いなぁ…
QV-10の前史として、カシオ・VS-101という電子スチルビデオカメラの話が紹介されます。
凄く大雑把に説明すると、フィルムをフロッピーディスクに置き換えた製品です。

カシオはこの製品で、商業的にはかなり失敗してしまったそうです。
その為、開発チームは解散となり、解説を読む限りでは窓際への左遷とも取れる異動を命じられています。

勿論、プロジェクトXなので、その状況から盛り返してQV-10の開発へと進んでいくわけですけれども。
やっぱり大手で大きな失敗したら、そういう道になっちゃうんだなぁ…と、開発関連の仕事をされる方のプレッシャーを感じてしまうエピソードでした。

 感想
面白いなと思ったのは、背面のディスプレイを搭載するきっかけとなったのは、開発の予算を都合するために協力していた事務の女性なんですね。
その人が、実験に付き合った際に、試作機当時は別のディスプレイでしたが、すぐに写真が見れると言う事に驚き、楽しんだのだそうです。

中に入りすぎている人というのは、なかなかお客様の素直な反応と言うのが思い浮かべられないものです。
手の込んだ技術、小型化、難易度、価格…。
意識を奪われてしまう事はいくつもあります。
その中で開発者とは異なる目で見る人がいたと言うのが、もしかするとQV-10最大の勝因だったのかもしれないですね。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.