本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

さぼリーマン 飴谷甘太朗2/アビディ井上、萩原天晴
WEB広告で見かけて、思い切りハマってしまった飴谷甘太郎。
2巻も電子書籍を予約して購入しました。

■ どんな本?
親に甘い食べ物を禁止されていた反動から、極度の甘党になってしまった主人公。
営業の合間に様々なスイーツを食べ歩く事を楽しみにするさぼリーマンとして、日々を楽しんでいました。

甘いものに対する、極度ともいえるリアクション、ハイな世界へのトランス。
そして彼を取り巻く同僚や親との関係…。
異色のサラリーマン漫画、最終巻です。

■ 伏線が回収されず
個人的にはまだまだ続いて欲しいと思ったのですが、なんとなく打ち切りのような終わり方でした。
・2巻の前半で甘太朗宅を訪れた母親が確認した、隣が空き部屋であること。
・ライバル社員が誓った巻き返しが描かれなかった。

ライバル社員との関係は一度は描かれていますが、不完全燃焼。
母親の件に関しては、全くノータッチ…というか、最後の急展開で必要がなくなる感じです。

■ 感想
面白かった、本当に。
Web広告で出てくるマンガなんて…と甘く見ていましたが、いいですね。
オーバーすぎる美味しさの表現は、甘いお菓子に興味が無い僕でも楽しめました。
他のグルメマンガのように、なぜ美味しいのかや、どうすれば美味しくなるのか…ではなく、ただ純粋に美味しいものを楽しむ。
食べる楽しみって、そこだよなと気づかせてくれる一冊でした。

東京のみではありますが、実際のお菓子を取り扱うと言うのも面白いと思います。
もし続編のようなものがあるのであれば、ぜひ手にとって見たいですね!


最終回のネタバレ等は続き以降で。

■ ネタバレ
電子書籍で予約購入していたので、発売日になって自動的にダウンロードされており、最終巻とは知らずに読みました。
ただ主人公の父親が出てきた辺りから、アレ?とは思っていました。

両親の若いと、母親の甘い物嫌いの理由。
それが解消されることで、甘太朗の隠れて甘いものを食べるというスタンスが終わります。
それをもって、最終回です。

残ったままの複線もありましたが、一つだけ回収されたのが甘太朗の甘いもの好きを疑っていた女子社員との関係。
甘いものをオープンに食べることの象徴として、彼女との関係の進展が描かれました。

余り細かい事は書いてもアレなので、ぜひ読んでみて下さい。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.