本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

デジタル一眼レフ 構図 プロの見本帳
ボクは一眼レフのカメラを使っているのですが、カメラの性能に関しては余り関心がありません。
写真のよしあしは構図が大半で、後はどうにかなるさとかなんとか。

…という事で、構図の本を読んでみました。

■ どんな本?
タイトルにもある通り、写真の構図について解説した一冊です。
定番の日の丸、三分割、三角形などの構図の写真を掲載し、その写真を撮る上で何にこだわっているのか、一見するとシンプルな日の丸構図に見える写真でも、写真の中にある何かを利用して、三角形の構図にしていたり…そういった事を解説した本です。

ホワイトバランス、絞り、ISOなどについては、その写真をどう引き立てていくかの付随としてのみ紹介されており、プロの方がどうこだわって写真を撮影しているのか、時には何でも無いようなパーツが写真の中に意図的に組み込まれていたりなど、そういったこだわりが判る本です。
ぼかしたり、時にはカメラを振ったりなど、慣れていないと出来ない部分も多少はありますが、例えば携帯電話のカメラを使う人であっても、参考に出来る部分の多い一冊です。

■ 初心者向け?中級者向け?上級者向け?
この本のざっくりした部分だけを見るのであれば、初心者から上級者まで幅広く活用できる本です。
ただしデジタル一眼レフの機能は一通りマスターしている事が前提の内容だと思います。

被写体をどのように配置して写真を撮るか…までなら、初心者でも活用できますが、被写体をより引き立たせる為に用いられる技術についての解説は実にアッサリしたもので、書いてある事を理解、実行できるだけのスキルが無いと、再現は難しいでしょう。
なので、本の価格なりに吸収できるのは、一通りの技術が実際に出来るかどうかは別にしても、理解できる中級ユーザー以上かなと思います。

■ 感想
構図をテーマにしている事もあるのでしょうが写真を撮る人のこだわりというのが、予想以上に細かくて勉強になりました。
何をフレームの中に入れるのか、何処に配置するのか。
きちんと読めば、確実に自分の写真が変わる内容です。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.