本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

尾行物語-気になるアイツはどこへ行く?
タイトルに惹かれて、町で見かけた人を追跡してみると言う本を読んでみました。

 どんな本?
尾行物語 気になるアイツはどこへ行く? (三才ムック vol.549)

三才ブックス (2012-09-28)
売り上げランキング: 480,916

タイトルにもある通り、街中で見かけた気になる人を追跡してみるという本です。
三才ブックスの『三才ムック』というシリーズで、はっきり言えば真面目に書かれている内容ではありません。
ムックの定義は本と雑誌の中間のような内容となっている筈ですが、この本はほぼ雑誌のコーナーの一つといった感じです。

街中で、人妻らしき女性であったり、何の変哲も無いサラリーマンの後をついて行ってみたり。
時には美容整形をしてきたと思われる女性であったり、サラ金で金を工面してきた人…と言った特殊なシチュエーションや職業についている方を追跡したりもします。

 感想
先述の通り、雑誌のコーナーくらいの軽いノリの本です。
本にはワケあり男女を徹底追跡! なんて書いてありますが、実際はそこまで重たい感じではなく、何もなかったですと言うケースも多く、はたまた一般的な統計であったり、時間の過ごし方を示すほど深く掘り下げている訳でもなく、気楽な感じで読んでみるのが良いのではないでしょうか。

やらせなのかガチなのかは読んで判断していただくとして、実際に人を尾行するわけにも行かないですし、非現実的な正解を想像しながらなら、それなりに楽しめる一冊だと思います。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.