本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

吉川英治版 マンガ宮本武蔵 /神田たけ志
吉川英治さんの宮本武蔵のマンガ版といえば、バガボンドが著名ですが、タイトルにわざわざ吉川英治版と書いてある作品を見つけて、読んでみました。

 どんな本?
吉川英治さん原作の小説『宮本武蔵』をマンガにしたものです。
関が原の戦いから佐々木小次郎との決戦までを描いています。
原作に忠実に、しかしコンパクトにまとめられているので、小説版をそのままマンガにしたとは言いがたい部分がありますが、上手くまとめられていると思います。

イラストはバカボンドよりは幼い感じで、初めて吉川英治さんの宮本武蔵に興味を持っている若い世代向けにしているのかなといった印象を受けました。

 バカボンドとの違い
・短い
悪い意味ではなく、コンパクトに。
じっくり描かれているバガボンドと比べれば、物足りなさは多少あると思います。
マンガ版を読み終えて、速やかに原作に着手する…そんな流れを考えているなら、こちらも悪くないと思います。
・原作に忠実
オリジナルの要素という点では、バガボンドよりは忠実です。
ただ繰り返しになりますが、短くまとめられているので、こちらを読んで原作どおりだ!という感想を頂くかどうかというと、そういうわけでもないような…気がします。

 感想
原作の入門くらいで読むならいいと思います。
特に活字が苦手だけど、武蔵を読みたい!と思っている人は、先に世界観をつかむためには丁度いい導入になると思います。
逆にマンガだけで楽しみたいというのなら、ボリューム的に考えても、バガボンドという選択肢がある中で、こちらを選ぶ理由は、短く終わる、作者の神田たけ志さんのファンであるという事でなければあまり見当たらないかも知れません。

ただバガボンドは長いですから、こちらも充分に価値のある存在だと思います。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.