About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
<宇喜多直家と戦国時代>毛利元就になれなかった備前の梟雄 (歴史群像デジタルアーカイブス)/森本 繁
戦国時代の英雄として人気の毛利元就さん、そして 梟雄として、どちらかといえば悪役のように言われる事の多い宇喜多直家さん。
この二人を比較するという本を読んでみました。(電子書籍です)

 どんな本?
宇喜多直家の半生を振り返りながら、ところどころで毛利元就さんとの比較を行うという本です。
メインとして描かれるのは宇喜多直家なので、毛利元就さんが好きという人には、余りお勧めできない本です。
比較されている部分を除けば、コンパクトにまとめられた宇喜多直家さんについての解説書という見方も出来ます。
本体価格も控えめなので、興味はあるけど一冊丸ごと買うほどでは…なんて思っている方が手に取るのには丁度良いサイズでしょう。

 感想
宇喜多直家さんは下克上、そして身内にまで手を下すという手法で、一気にのし上がり、岡山藩を大藩にまで育て上げた人物です。
なので、梟雄という評価はやむをえない部分はありつつも、時代を考えればのし上がっていくためには仕方が無い部分があったという評価も出来ます。
本文中では理念の違いなども挙げられていますが、実際は時代が違った事と、そこから生じる手法の違いかなと思います。
宇喜多直家の時代に英雄然とした手法で、岡山藩を大藩にする事が出来たのかどうか。
その辺りも評価に加えてあげれば、備前の梟雄も報われるかもしれませんね。



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1725-a9d8390b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記