本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

郷土資料事典 岡山県・観光と旅 (県別シリーズ)/人文社
岡山県の郷土史に関する事典を何冊か持っています。
何かと調べるのに便利ですが、読んでいると驚愕される厄介なアイテムです。

 どんな本?
岡山県の各市町村の歴史、島などについての解説に加えて、観光スポットを紹介した本です。
観光案内というよりは、岡山県の事典から、市町村の情報と観光スポットのみを抜き出して、内容をダイエットさせたものといった感じでしょうか。
時代が古い(昭和44年初版)ので、今でも通用するものとして使用する人はほぼ居ないものと思いますが、内容的にも、あくまでも解説重視で、ここが見所です!とか、モデルコースが紹介されているとか、そういった部分はありません。
あくまでも目的を絞った事典と割り切るのがいいと思います。

 豪華なオマケ
この本はオマケが豪華です。
ボクはそれを目当てに購入しました。
・巻頭のオマケ
岡山県に含まれていた備前国、備中国、美作国の地図が巻頭にオマケとして掲載されています。
天保8年に作られたという絵図を復元したものです。
現在の地図(こちらも本の中に掲載されています)と見比べながら見ると楽しいです。
・巻末のオマケ
明治28年に作られた、観光案内です。
当時の印刷物をそのまま掲載しているので、少し読みづらいですが、明治時代当時の地域ごとの様子が良く判ります。
残念ながら文字だけですが、それでも充分に楽しめるないようです。

 感想
人文社はもう会社が無いのかな?
ちょっと状況が判りませんが、ネット全盛の時代だと、今リアルタイムでこういう本が必要なのか?と言われれば、個人的にはNOと答えます。
検索したり、wikipediaを見たりで、自分が知りたい事に絞って調べる事だって出来るんですから。

ただ、こうやって本の形で残るというのは、大切な事だなと感じさせられます。
良くも悪くも次々に新しい情報が優先されていくインターネットの世界では、これから何十年か経った時に、手軽に過去を調べるというのは難しいように思うのです。

そういう点では、この本の貴重さを痛感すると同時に、こういう本を出版する会社が苦しいという現状を寂しく思うのでした。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.