本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

ガンダムで英語を身につける本
Even my dad never hit me!
英語の勉強をしてみました!っていう分けではないのですが、ガンダムの名シーンを英語にして勉強しようという本を読んでみました。

 どんな本?
ファーストガンダムの名シーンを幾つかピックアップ、オリジナルの台詞と、それを英語に訳した台詞が掲載されるという形の本です。
そしてその中で用いられる単語や文法について次のページで細かく解説…というものなので、ざっくりといえば、普通の英語の基礎の教科書で、例文がガンダムの台詞になっているという、ただそれだけです。
なので参考書としても、それなりに使う事が出来ますし、その点ではガンダムを知らなくてもOKの内容です。

逆にガンダムの名シーンだけを目的に読むというのもアリだと思うのですが、抽出されているシーンの全てが決してガンダムといえば、アムロといえばこのシーン!というものではないので要注意です。
英語の文法などを紹介しやすいという点と、有名なシーンの間で折り合いをつけたような形になっています。

 レベルは?
本当に英語の入門として使おうという場合、この本は不適格です。
ある程度、英語を理解している事が必要です。
学年で言えば、中学2年生くらいでしょうか。
社会人の人なら、義務教育の英語の記憶が残っていれば充分だと思います。

ただし実用的かどうかは、微妙なところです。

 感想
例文に興味が持てるというのは、強いと思います。
英語のニュアンス的な部分も飲み込みやすいですしね♪

参考書と思って読めば、少し物足りなさが残りますが、英語と触れ合うという感覚なら充分。
ちなみに冒頭で紹介している英語の一文が、かの有名な『親父にもぶたれたこと無いのに!』です。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.