本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

ビハインド
久しぶりにB級ホラーをと、観てみました。
今回観たのははビハインドという映画で、アマゾンのレビューが高評価だったことから選びました。
アンプをちょっと良い物に交換したので、B級ホラーついでに楽しんでやろう、と(笑)。

 あらすじ
主人公はクラブで働きながら、麻薬を楽しんだり、自由に生きていた女性です。
ある時、男から盗みだした麻薬のトラブルで、大怪我をした上に池に突き落とされてしまいました。
一命を取り留めた彼女は、運ばれた病院で自分が妊娠していることを知らされます。
子供を産むことを強く勧める主治医の元、入院して体調を整えていましたが、そこで不可解な現象を体験します。
腐敗したような女性が現れ、自らの子供を探し彷徨い続けているのでした…。

 どの辺がホラー?
幽霊が出てくるからホラー!(笑)。
いや、本当に。
この作品は前半こそ幽霊が出てきて、ワーワーキャーキャーなのですが(雑)、中盤以降のテーマは、その幽霊が誰で、何故子供を探し求めているのかに主題が移っていきます。
幽霊は定期的に出続けるのですが、幽霊の身元について分かり始めてくると、徐々にホラーというよりは探偵物っぽい雰囲気に変化していきます。
余り書くとネタバレになってしまいますが、状況が見えてくると、幽霊が出てきても怖くなくなります。
そういう点では、余り怖くない作品です。

 感想
さすが好評化の作品、確かに面白かったです。
ただホラーとして観た限りでは、ちょっと外した感じが否めません。
率直にいうと物足りない。
ストーリー自体が意外性があり、面白かったから損をした気分にはなりませんが、様々な音をいいスピーカーでしっかり聴いてやろう!という当初の目的からは、なんとなく外れてしまいました。
ただ、サスペンス風味を楽しむのであれば、ホラー映画のような、色々あったけど生き残ってハッピー♪みたいなあやふやな終わり方ではなく、しっかり締めているので、B級なんかじゃない良作です。
どちらを重んじるかで、評価は分かれそうですね♪



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.