本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

岡山 地理 地名 地図の謎/柴田 一
岡山の歴史の本…というと、東京や京都、大阪といった有名どころを扱った本とは違って、教科書のような重厚なものが多いイメージがありましたが、久し振りに気軽に読める一冊に出会えたので呼んでみました。

■ どんな本?
岡山の歴史を地図をめくりながら辿っていく…そんなコンセプトの本です。
地名からその土地の歴史をたどってみたり、市町村のキャッチコピーや、奇岩などの名前に隠された伝説を探ってみたり。
歴史に興味があるというよりは、郷土の事を知りたいくらいの、軽い要求にこたえてくれる一冊です。
反面、一つ一つの項目へ対する掘り下げ方は新書サイズで2~3ページずつくらいなので、しっかりと勉強しておきたいという方には少し物足りない部分もあるかもしれませんが、本のタイトルからして、そういう方は最初から選ばないでしょう。

歴史的な意義や由緒より、親近感・興味を持てる内容が中心となっているので、非常に読みやすいです。

■ 感想
ボクは普段から郷土史について調べるのが好きなので、若干扱う内容に有名な事象が多いかなという印象はありましたが、知らない部分も多くて楽しめました。
考現学にちかい感じの本だと思います。
ちょっとした話題にもなるので、岡山で営業職をしておられる方や接客が多い方には、ちょうど良いネタ帳になってくれるのではないかと感じました。

冒頭でも触れましたが、京都・奈良のような歴史のある都市や、いわゆる大都市にならないと、こういった感じの入りやすい感じの郷土史について扱う本は少ないです。
このシリーズは各都道府県版が出ているようですが、それでもこういう取り組みはいいなぁと思いました。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.