本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
アパートの殺人/平林初之輔
配車の順番待ちで時間があったので、青空文庫さんから平林初之輔さんの作品を読んでみました。

タイトルは『アパートの殺人』。
著者はヴァン=ダインを日本に持ち込んだ方です。
作風も、ちょっとそれっぽい感じがあるかな?

 あらすじ
あるアパートで殺人事件が起こった。
被害者はアパートに住む女優で、絞殺されていた。
女優は気が多いところがあったのか、調べてみると複数の男性が出入りしていた事が判った。
そこで警察は、一人ずつに尋問をしていった。

 尋問のみの作品
この作品の興味深いところは、尋問のみで物語が進んでいくところです。
部屋を訪れた複数の男性が、それぞれが見聞きした状況を答えていきます。
最後のどんでん返しは勿論、実は複数の男性が気付かず同時に居合わせていたところなどは、なかなか面白いです。
アッと驚くような展開をさせるのではなく、堅実に事件を解決していく様子は、古い作品ながら斬新な感じさえ受けます。

 感想
非常に短い作品ですが、尋問のみに集中させていている事から、それほどボリュームが小さくは感じませんでした。
ちょっとした時間に読むのには最適ですね♪
ラストで判明する真犯人は、ある意味、読者のイメージを上手く利用した方法だと思います。
男が沢山出入りしていたから、絞殺だから…。
そんな思い込みを覆される、小気味良い展開でした。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。