About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
お前たちの中に鬼がいる /梅原 涼
表紙を見ただけでウヒャー!と思ってしまいそうな作品を読んでみました。

 あらすじ
お前たちの中に鬼がいる

主人公が目を覚ますと、建物の中に監禁された状態になっていました。
地下室の中にいるのは、男性の主人公と、同じように気が付くと監禁状態に落とされていた若い女性が他に5名いました。
この5人の監禁はただの監禁ではなく、超常現象のような奇妙な規則が存在しました。

一定時間経過、又は特定の行動を取るまでの間、1人のみ自由に行動できる。

その1人は監禁されている状態こそ変わらないものの、拘束はされておらず、また他の5人を自由にする為の鍵も持っています。
その時は自分ひとりで、または自由な判断で一緒に行動するメンバーを選んで監禁された建物の内外を移動する事が出来ますが、建物から出て遠くへ行こうとするか、一定時間が経過すると、再び監禁状態がリセットされ、最初に目覚めた下手に戻されます。

彼らは二つの派閥に別れながら、地下室や、近くにある同じ境遇に置かれ、死んでしまった人のいる別の建物を調査しながら、脱出を試みます。

ヒントは『お前たちの中に鬼がいる』という言葉のみです…。

 感想
クローズドサークルの謎解きが好きな人なら、いいかもしれません。
昨今、携帯電話のゲームで人気の『脱出ゲーム』っぽい雰囲気を味わう事が出来ます。
本の表紙だけを見ているとホラーっぽい作品かと思いきや、実際は先に脱出できたと思われる人たちの残したメモなどを見ながら進んでいくもので、残酷な描写は少なめで、サスペンスっぽい感じの方が強いです。

ただ最後はロジカルというよりはSFチックな雰囲気で終わってしまうので、ちょっと拍子抜けな部分もありますが、分厚い割には、スッと読めて、それなりに楽しめました。



テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1709-02d3a257
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記