本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

機械仕掛けの小児病棟
このタイトルってパクリですよね!?的な作品を観てみました。

 あらすじ
機械じかけの小児病棟 [DVD]物語の舞台となるのは、イギリスの島にある小児病院です。
この病院は非常に長い歴史を持っていましたが、老朽化が進んだ為に閉鎖が決まっていました。
しかし鉄道のトラブルにより、患者の移動が遅れていました。
その病院のスタッフが急に一名辞めてしまった為、臨時の夜勤スタッフとして赴任してきたのが主人公です。
彼女は様々な出来事へ違和感を覚え始めていました。
エレベーターの急な故障、患者の謎の骨折、そして患者の少女が話す、謎の存在である『シャーロット』。
そして前任スタッフが怯えていたという『何か』。
これらの謎を解き明かした時、病院の歴史から抹消されていたある事件に行き着くのでした。


 どの辺がホラー?
ホラーとしては控えめです。
余り派手な描写はありません。
後半で謎の存在だったシャーロットが登場するので、それはそれなりにホラーな描写であるといえますが、全体的にはそいう怖いシーンはなく、どちらかといえば謎解きに近い感覚で観る事が出来ます。
ただしB級ではありません。
本当にスッキリ終わるので、痛い描写が好きとか、ワーワーキャーキャー叫んでストレス発散したい!といった場合は他の選択肢もいいかもしれません。

 感想
綺麗に終わる作品です。
全ての出来事について伏線が張られて、きちんと回収されています。
また全員が生き残るわけではないけれど、ハッピーエンドとして描かれているのもよかったです。

監督はレックで知られるジャウマ・バラゲロさんで、主演は『アリー my Love』のキャリスタ・フロックハートさん、準主役にはSF系の映画で活躍しているリチャード・ロクスバーグさん、そして『私が、生きる肌』のエレナ・アナヤさんといった豪華な面々も注目です。
ちなみにリチャード・ロクスバーグさんとエレナ・アナヤさんはドラキュラと、ドラキュラの花嫁という役割で『ヴァン・ヘルシング』で競演しています。

ある程度の痛い描写、ある程度の恐い描写、そしてスッキリと解決する事件。
最近B級ホラーを見すぎたせいか、ちょっと物足りなくなってしまいそうですが(笑)、とても観易い映画でした。

タイトルは原題はFragile。
壊れ易い、脆いといった意味がありますが、映画を一通り観ての感想としては、映画のワンシーンでしかない『機械仕掛け』よりは、そちらの方がやっぱりいいんじゃないかなぁと思うのでした。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
市毛
こんなことを書いたらおこられるかもしれません。
今まで誰にも助けてもらえず、生活が苦しかったんです。
お金が欲しいってずっと思っていたら、ある人に出会いました。
連絡するだけで一生使い切れないほどのお金をもらえたんです。
不労所得が簡単にできるんです。
本当に知りたい人だけ、連絡してください。
もし知りたい人は、banana_ayako@yahoo.co.jpまでメールしてください。
すごい秘密を連絡してくれた人だけに教えます。
2014/08/31(日) 12:35:56 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.