About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
高梁の散策/朝森 要
岡山県下で歴史的な町並みといえば、有名な倉敷が思い浮かべられますが、高梁市も城下町としての名残を色濃く残している、歴史の町です。

少し歩くと歴史的な家屋や、立派なお寺などに行き着く、歴史好きにはたまらない場所です。

 どんな本?
…ということで、高梁の散策という本を読んでみました。
高梁市を幾つかのスポット周辺と、地域一帯に分けて、土地ごとにある文化財や歴史的建造物をピックアップした一冊です。
観光のガイドブックになりえるのか?というと、正直に答えると、NOです。
この本の大半は寺社、城址、江戸時代に活躍された郷土の著名人のゆかりの地が紹介されており、観光には適さないと思います。
歴史をテーマに見て回るなら充分に活躍してくれると思いますが、ガイドブックの感覚でというには適さない感じですね。

 感想
さすが高梁市は歴史の町♪
歴史的によく知られた人物や事象が一冊に詰まっています。
このサイズで、とりあえず寄せ集めたという幹事ではなく、しっかりと一冊分を作れるというのが、やっぱり高梁って良い町だなぁと思いました。
高梁市の歴史を勉強しながら、色々な建物や石碑のいわれなどを勉強できる、充実の一冊だと思います。

ハイライトとしては、現存天守では日本で一番高い場所にある『備中松山城』、作庭家として著名な小堀遠州さんが手がけた初期の作品である『頼久寺の庭園』などがお勧めでしょうか♪



テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1704-18d83c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記