About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
要点を理解して、きちんと自分の知識にする読書の習慣/宮口公寿
タイトルそのままな本を読んでみました。
読書好きであれば、憧れちゃいますよね♪
ボクの場合はこのブログへ書き残す事で、いつでも思い出せるようにしているのですが、頭に多く残れば残るほどいいのは当然ですね♪

□ どんな本?
ざっくり言うと、目的意識を持って本を読もうという内容です。
一冊の本を買うと、どうしても隅々まで読んで、全て覚えて知識にしようとしてしまいます。
しかし、それはなかなか難しいですし、その必要があるのか?という疑問符も浮かびます。
そこで、その本から何を学びたいのかを考えるのです。
100ページの本があったとして、例えば今回調べたい事柄について書いてあるのがその内の30ページであれば、後の70ページは必ずしも読まなければならないわけではないですし、読むとしても、必要な30ページと同じテンションで読む必要は無いはずです。
なので本を読む前に、自分自身が何を知りたくてその本を読もうとしているのかを考え、目次などでそれを再確認しながら読む等の、ちょっとした準備をこなすことで、その本から得られる知識が整理され、要点が頭に入りやすくなるといった本です。

□ 感想
この本の趣旨としては目的を絞って読むことを提唱していますが、その為のテクニックなども紹介されているので、この本に関しては隅から隅まで読んだほうがいいかもしれませんね♪
ボクは最近、郷土史の本を読むことが多いのですが、確かにこの本の提唱することに当てはまる部分は多いんです。
例えば『目で見る岡山の昭和』という本を読んでいるのですが、実はこの本を読んだ理由は第二次世界大戦中の岡山の動向を調べたくて読んだのでした。
しかしこの本では昭和初期から、戦後の出来事まで触れられています。
自分が何を調べるために読んでいるのかが、ぼんやりしたままで読んでしまうと、膨大な昭和の出来事に頭が占拠されて、結局調べたかった時期の出来事も数多くの中の一つになってしまいかねません。
極端なことを言えば、そこだけが目的であるのなら、目次などで掲載ページを調べて、そこだけを読んで終わっても構わないのかもしれません。
実際はせっかく買った本なので、ひと通り読むのですが、そこだけは分けて読んでもいいのかもしれません。

付箋を貼ってみたり、本の選び方の段階から考えたりと、様々な方法はありますが、とりあえず『どうしてこの本を読むのか』と、それを達成するために『どのあたりを重点的に読めばいいのか』を知る為に目次をよくチェックする辺りの事は、簡単に実践できるので、試してみようと思います。



テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1691-698783be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記