About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
ふるさとの歴史 田の口、唐琴―児島/大谷壽文
図書館で見つけた、なんと全ページ手書きの文字という本を読んでみました。

□ どんな本?
児島地区、郷内地区、下津井地区辺りを中心として、江戸時代~近代までの歴史について書いた本です。
発行は『倉敷市立琴浦東小学校』となっています。
この本は、学校で社会科の学習の際に郷土の事を勉強してもらうための資料として作られたそうです。
その為か、難易度も低めで非常に理解し易いです。
地域が絞られている事や、白黒ですが貴重な写真がたくさん使われている点から、小学校向けとか意識せずに読んでおきたい一冊ですね♪
特に児島の繊維産業、由加山の繁栄と、田の口港周辺の事については、非常に細かいです。
これだけ詳細な資料は、なかなか見つけられないと思います。

□ 感想
凄いなーと言うのが、まず一番。
丁寧に書いてあるのが良く伝わってきます。
出版が昭和60年なので、最新情報ではないのですが、もし可能なら最新の版も出て欲しいくらいです♪
段々と核家族化が進めば、自分が住んでいる場所の歴史さえも知らなくなってしまいます。
また、現在の田の口港周辺を見ても、いつまでも歴史を語る建物が残っていられるわけではないんですね。
国、県、市町村が保護していける建物なんてごく僅かですし、個人の方は老朽化すれば建て替えもしますし、そこに棲む必要がなくなれば更地にして手放してしまう事もあるでしょう。
そうなってきたときに、勿論、どこかの奥底に眠っているような資料には記録が残るのでしょうが、こうして手軽に読める資料というのが残っている事は凄く大事ですし、それを伝えていく作業も、同様に大事であって欲しいと思います。
この本を作ろうとした取り組みって言うのは、凄く良いなぁ!と、感激した一冊でした。

※この本は岡山県内の図書館で借りて読みました。
興味がある方は図書館検索などで探してみて下さい♪

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1679-9f63ba0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記