本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

岡山おもしろウオッチング/おかやま路上観察学会
以前、『岡山の路上観察』という本を読んだときに、もしかして続編なのかなと思っていた本、『岡山おもしろウオッチング』を読んでみました。
『岡山の路上観察』とコンセプトも同じですし、著者の顔ぶれも共通している部分があるのでそう思ってもいいのかな?

□ どんな本?
いわゆる『考現学』の本です。
街中を観察して、看板や掲示、町並みなどから面白いものを見つける本です。
前半は、時代の流れの中で不要になって中途半端に残されている建物の遺物を楽しむ『トマソン』を紹介したもので、後半は宝島の『VOW』のような、街角にあるちょっと面白い解釈が出来るような風景などを紹介しています。
VOWほどジョークに走ってはいませんが、『岡山文庫』の作品としては、かなり異色の作品でしょう。
勿論、紹介されているのは岡山県内で、主に岡山市と倉敷市が中心になっています。

□ 感想
見て楽しむのも一興ですし、前作のときにも同じような感想を持ちましたが、何気ない町並みをただ表面的に見て終わらせるのではなくて、何か面白いものは無いかなと関心を持ってみたり、目に入ってきた風景に何かを気付いたり。
そういう観点を養うためにも面白い一冊です。
一冊は写真も多いので小位置時間もあれば充分に読み終われるくらいのボリュームなのですが、上手く読んでいくと、残りの一生の散歩や、ちょっとした移動全てが楽しめるようになるような、そんな可能性のある一冊だと思います。

今の時代ですから、ちょっとした移動のときにも携帯電話などで最新のニュースやエンターテイメントを楽しむ事も出来ますが、目に入る風景をもっと大切に、楽しんでいきたいと思いました。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.