本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

タブーの日本史-怨念の舞台/別冊宝島編集部
僕はブログ内でもチョコチョコとホラー系のものを扱っていますが、心霊スポットとかそういう話題を読むのが好きです。
実際は結構リアリストなところがあるので、余り信じていないのですが、そういう話を見聞きするのは大好物。
という事で、歴史上の出来事をそんな感じに扱っている本を読んでみました。

□ どんな本?
この本は日本史の中に残る多くの人が死んだり、虐殺されたりした出来事を紹介しています。
その前後の経緯と、実際にどのような事が起こったのかという部分を詳細に記している点で、他の歴史に関する本とは異なりますが、かといって色物のような感じでもなく、テーマの中心に据えている部分が違うだけで意外と普通の史実を扱った本です。
また人が死んだりなどの描写の部分は、良くある心霊スポットなどを紹介する本のような描写になっています。

□ 感想
色々な史跡などを見に行くのが好きなのですが、前々から疑問には思っていたんです。
何十年単位で前の殺人事件や事故の現場などは心霊スポットとして根強く残り続けているのに、何百年という単位になると何百人や何千人が死んでいたとしても、余り心霊スポットのように扱われないですよね。
よっぽど多くの命が失われて、怨念だってありそうなのに…と。
この本はそういった疑問に対する答えだったような気がします。
たぶん、単純な殺人や事故などと比べて合戦の前後の説明って結構難しいんです。
やっぱり一通りを伝えようとすると教科書的な書き方になってしまう。
この本も難しい描写は全くありませんが、心霊スポットなどで楽しみたいという軽いテンションと比べると少し難しめ。
恐らく需要と供給が上手く一致してないのかな、と。
噂にしても広がるならシンプルな方が広まり易いですしね。
…と、妙に納得してしまう一冊でした。
日本史のドロドロしたところだけを楽しみたいという方にお勧めです♪




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.