About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
熊撃ち/吉村 昭
羆嵐』という作品を読んで以降、熊を撃つ猟師さんの話に興味を持っていたので、同じ著者が書いた『熊撃ち』という作品を読んでみました。

先に読んでいた『羆嵐』という作品は、日本で最大の獣害といわれる、北海道の三毛別という地区で起こった羆事件を題材にした作品でした。
それだけに作品の規模も大きなテーマを扱っていましたが、本作はそういった特別なシチュエーションではなく、本来の熊撃ちの姿を描いたものです。

なので熊を撃ちに行く理由も様々です。
単純に生業として熊を撃つ人もいれば、それを職業としない人、村全体の利益の為に撃つ人もいます。
勿論、三毛別の羆事件のように人の味を覚えてしまった羆を退治する為に出向く人もいます。
これはそうした人々への実際の熊撃ちの方にインタビューする事で作られた短編集です。

ドラマティックさではきっと熊嵐が上です。
でも熊を撃つ人々のそれぞれの考え方や、実際の熊撃ちという仕事のあり方などは、色々な熊撃ちの方が登場する分、こちらの方が随分と判り易く感じます。



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1663-5bdca2dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記