本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

カンタベリー寺院の殺人/フレデリック・A・クマー、ベイジル・ミッチェル(シャーロック・ホームズの災難・下)
父ならとうに、隠れていなきゃならない男が今日という日に大寺院へ出かけた理由を、つきとめているでしょう。
探偵:シャーリー・ホームズ
語り手:ジョーン・ワトスン


この作品に登場する探偵と、語り手はそれぞれホームズ、ワトソンの娘という設定になっています。
本作の前にも一作、最初の作品となる『女王蜂の事件』という作品があったそうですが、そちらは未読です。
この作品における設定ではホームズは女性で、シャーリーの母親となっています。
前作を読んでいれば判るのかもしれませんが、本作だけを読むと、登場しないホームズが女性である理由が判りません。
別にホームズが父親の娘でも良かったような…(笑)。

設定としてはパスティッシュというよりパロディに近いものがありますが、作品を読んでみると、『ホームズとワトソンが女性だったら?』というifに基づいて作られた、凄く王道のミステリー作品になっています。
作品自体もホームズやワトソン抜きで読んでも充分に楽しめる作品で、若い女性探偵と、その御友達とも言える語り手という、二人のタッグはなかなか見ものです。

カンタベリー寺院を訪れた二人は、うずくまるようにして倒れている青年を発見した。
彼はペンシルを自分の胸につきたてるようにして死んでいた。
またメモには自殺をほのめかすような走り書きがあった為、大方の見方は自殺だった。
しかしシャーリーはこれを殺人事件であると解き明かして見せるのだった…。


爪の磨り減り具合や、インクのつき方などで利き手を推理し、新聞記事を漁って事件の鍵を見つけ出す。
推理の方法にホームズ的な手法が取り入れられているのが、なかなかにくい演出ですね♪

※ネットで他の作品の有無を調べようとしたら、パロディ?のシャーリィ・ホームズという作品が出てきましたが、本作とは別物なのでご注意下さい。…でも、シャーロッキアンなら両方とも読んでみたくなりますよねー。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.