本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
∀ガンダム
ガンダム再入学、今度は∀ガンダムを観てみました。
※∀=ターンエーです。

このシリーズは、従来の作品と異なる点が多くてファンの間でも賛否が分かれるという作品でしたね。
僕は好きなシリーズなのですが…。

□ あらすじ
かつて地球に住んでいた人間たちは、地球が人の住める環境ではなくなった為に、月へ移住した。
地球の回復を待って、やがて戻る為に肉体を休眠状態にするなどして過ごしていた。
年月が流れ、地球は人が住むのに適した環境に戻っていった。
そこで先遣隊として、月の民から何名かが地球に派遣され、続いて月から地球への降下作戦が進められることになった。
しかし地球には残された人々が新たな文明を築き、暮らしており、自分たちの土地へ降りてきた月の人々を侵略者とみなし、戦争が始まることになった。

□ 全てのガンダムの最終回
∀ガンダムは、ガンダムの最終回として描かれている作品です。
月に住む人々は『黒歴史』と言われる大きな戦争によって地球に住む事が出来なくなっています。
この『黒歴史』というのは、作品内では特定の戦争に限定されておらず、ガンダムシリーズで描かれる戦争全てを意味しています。
戦争によってコロニーレーザー、コロニー落とし、核…様々な戦法が取られました。
作品の中では一応、勝敗が決するなり、和平なりと様々な形での決着がつきます。
しかしその後の人々の暮らしはどのようなものになっていくのか…。その答えが∀ガンダムのストーリーそのものなんですね。
なので全ての過去作品は勿論、∀ガンダムの後に発表される作品も含めた『最終回』なんですね。
ちなみに黒歴史を回顧する映像の中に過去のガンダムシリーズの映像が流れます。
またかつての遺物として発掘されたMSの中にはザクII(作品中ではボルジャーノン)、カプール(作品中ではカプル)があり、地球側の主力として活躍します。

□ 意外と普通なガンダム
他と違う!という事を考えた時、何が違うのかって言うとデザインと年代でしょうか。
ガンダムの角(アンテナらしいですね)が口についていて、『ヒゲ』なんて呼ばれており、確かにデザインの違いは大きくあります。
また作品の時代もまだ産業革命やらが起こっているような時期で、コレまでの近未来のような設定からは離れています。
しかし根本を観ると政治的な駆け引きなどを多用した、まさに伝統的なガンダムそのものです。
ロボットアニメなので見た目が大切なのは当然ですが、意外と普通のガンダム作品だなと思いました。

ちょっとエンディングが判りづらかったので、続き以降で説明してみます。
ネタバレ等は続き以降で。


□ エンディング
作品を観ていて一番謎だったのはエンディングでした。
パッと見ると、何故かロランがソシエをふってキエルと暮らしているような、妙な描写なんですよね。
ちょっと解説してみます。
まず戦争後に女王が月に帰っていきます。
しかしこの時に月に帰ったのは、ディアナではなく、地球人のキエルです。
作品中で代役でありながらディアナの意思をきちんと実行した手腕を見込んでなのか、若しくはハリーへの愛情からなのか、キエルがディアナに成り代わって月の統治を行っています。
そして地球でロランと過ごしている方が、ディアナです。
見た感じ、非常に老いているのにロランに変化が見られないので、度重なる睡眠と覚醒を重ねた身体が急激に衰退し始めているのでしょうか。
これは物語の後半で伏線のように、少しだけ語られていますね。ディアナとキエルが走るシーンで、ディアナの方が疲れを訴え、キエルに若いと話しかける場面です。
ディアナの地球降下計画の目的は人間らしい死を迎えることでした。
そう長くない余生を過ごすための御者として、ロランがついている…そんな感じでしょうか。
そして恐らく、その期間はソシエと離れて暮らすので、いったんの別れとしてキスをして離れていったのでしょうか。
小説版ではソシエとロランが結ばれるので、TV版も最終的にはそうなる見込みなのではないかと邪推してみました。

関連リンク
小説版ターンエーガンダム(上)/福井晴敏
小説版ターンエーガンダム(下)/福井晴敏




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。