About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
グレイヴ・エンカウンターズ2
以前観た『グレイヴ・エンカウンターズ』の続編を見つけたので、観てみました。

□ あらすじ
今回の主人公は大学の映画仲間です。
彼らは『グレイヴ・エンカウンターズ』を再検証するための映画を作ろうとしていた。
そして舞台となった廃病院へ足を踏み入れたのだった…。

□ モキュメンタリーから、ホラー映画へ
前作は廃病院の中を探索するドキュメンタリーを撮影する一行の残した撮影テープという触れ込みで、意外と徹底されたモキュメンタリー(ドキュメンタリー風に作られたフィクションの事)として作られた映画でした。
続編である本作も基本的にはその路線を踏襲していますが、多少演出がかった部分が増えていたり、彼ら自身が持っているカメラ以外で撮影された映像が含まれているなど、ホラー映画っぽい仕上がりになっています。
前作のようにドキュメンタリーチックなものが良かったという方は少し肩透かしでしょう。
ホラー映画っぽいストーリーがあるのが好きなら続編の方が気に入るかもしれません。

□ 感想
前作を見ていないとよく判らない作品ですので、興味がある方は1作目から観ておきましょう。
1作目を絡めながら物語が進んでいきます。
前半で『グレイヴ・エンカウンターズ』を検証し、後半は病院へ潜入します。
そして前作で登場した主人公が、妙に濃いキャラクターとなって再登場します。
モキュメンタリー風の現実か虚構か…といったリアリズムの恐怖は弱まっていますが、単純に廃病院を探索するという作りの映画としてはそこそこ楽しめるのではないかと思います。
しかし…まさかこの映画に続編があったとは…。
個人的にはそこが一番ビックリしたかもしてません(笑)。



テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1632-63ece9b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記