本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

一千万人誘拐計画/西村京太郎
西村京太郎さんの作品はたまに奇抜なタイトルのものがあります。
気にはなるのですが、なんとなく妥当なタイトルを選んでしまう僕は保守派なのかもしれませんね♪
今回は思い切って、『一千万人誘拐計画』を読んでみました。
短編集です。
各収録作品については以下で。

□ 受験地獄
主人公は受験に遅れそうになった際に、ある方法で試験の開始時刻を遅らせました。
しかし、それはある人物に見つかっていたのです。
彼は強請られてしまうのですが・・・?
推理小説というには、少し社会派の色合いが強すぎる一作です。
でも、これも西村京太郎さんらしさですね。

□ 第二の標的
十津川警部モノです。
電車内の殺人事件を扱ったものですが、相棒が亀井さんじゃないのがちょっと新鮮かも。
目撃者だったかもしれない女性を巡っての第二の殺人事件を解決する作品です。
意外性のある展開は、短編ならではの勢いが楽しめます。

□ 一千万人誘拐計画
表題作で、こちらも十津川警部モノです。
都民全員を人質にしたという壮大な作品です。
事件そのものよりも、いつもとは違うキャラクターのように、飄々と描かれている十津川さんが印象的です。

□ 白い殉教者
女優の蝋人形がまるで殺されたように放置されていたところから始まる作品です。
徳大寺京介がという人物が探偵役です。
蝋人形の作りから犯人を推理してみせます。

□ 天国に近い死体
同じく徳大寺京介が探偵役で登場する作品です。
山頂付近で見つかった死体は、なんとパジャマ姿だった。
彼は誰に殺され、どうしてパジャマだったのだろうか…。
警察では普段着で殺され、身元を隠す為にパジャマに着替えさせたのだと推理したが、徳大事京介はパジャマである事を違和感を解消する為に、突飛なトリックを考案して見せます。
話が壮大ですが、なかなか読み応えのある作品です。

□ 感想
最近の作品から西村京太郎さんを知った方は、ちょっと雰囲気の違いに驚いてしまいそうな作品が集められた短編集だと思います。
短いからといって堅実な内容にするのではなく、寧ろ大きなトリックを持ってくる辺り、やっぱり上手だなぁと思いました。後、これまで十津川警部シリーズばかり読んでいたので、今回初めて徳大寺京介という探偵役を見たのですが、他の作品でも活躍されているようであれば読んでみたいと思ったのですが、今のところ今回登場した短編二つでしか活躍していないようですね。
西村京太郎先生はまだまだたくさんの新作を出されていますし、是非続編を出していただきたいですね♪




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.