本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

トランス・ワールド
何故かホラーと間違えて観てしまった映画です。

トランス・ワールド [DVD]□ あらすじ
舞台となるのは、森の中にある小さな小屋です。
ここに三人の男女が集まります。
彼らに共通しているのは、車のトラブルなどで森へ迷い込んでしまった事です。
酷く冷え込む森の中、限られた食料しかない状態で、外部との連絡も取れない。
しかし森は抜け出そうとしても、元の小屋にたどり着いてしまう不可思議な場所だった。
協力し合う内に徐々に打ち解けて行く三人だったが、それぞれの身の上話をしていく中で、ある異変に気づく。
三人は生きている時代も、迷い込んだはずの場所も、全く異なっていたのです…。

□ 内容
B級のにおいを嗅ぎ付けて観た映画ですが、ホラーではありません。
SFサスペンスといったところでしょうか。
残酷な描写も無く、B級ホラーに付き物の妙なお色気シーンもありません。
ただ限られた空間のみを舞台とする展開にだけ、それっぽさをのこしています。
ストーリーがしっかりしているので、割りとすぐに終わったような感覚で、あっさりと観る事が出来ます。

□ 感想
ホラーが観たくて手に取ったDVDでしたが、充分に楽しめました。
少し3人の主要人物の物分りのよさが気になるところでしたが、それぞれの身の上話などで充分に伏線を張った展開は面白かったです。
映像が古めかしい感じがあり、昔の映画なのかなと思ったら、途中で登場人物のうちの最も年齢が若い(っていうか、来た時代が先の?)青年の言葉から、凄く最近の作品だと知って驚きました。
感動の嵐とか、大笑いできるとか、そういう作品ではないですが、派手な作品や、賑やかな作品、超感動な作品…そういったもので、ちょっと疲れたかな?と思ったときには、ちょうど良いサイズの作品です。
TSUTAYAさんのディスカス等で、規定枚数まで空きがある…なんて方にお勧めの作品です。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.