本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

新潟発「あさひ」複層の殺意/峰 隆一郎
家の片づけをしていたら、見た事が無い本が出てきたので読んで見ました。

作者の峰 隆一郎さんは時代小説なども手がける作家さんで、ミステリー作家としてはまるで西村京太郎さんの作品リストでも眺めているかのような、電車を舞台としたものが並びます。

□ あらすじ
電車の中で女性が殺された。
発見者は男性と、女性の二人で、彼らは『ジョ』というダイイングメッセージを聞いていた。
それから暫くして、発見者の女性も殺されてしまった。
つながりの無い二つの事件…、そして殺された女性の周りの複雑な人間関係。
真犯人へたどり着いたのは、二番目の被害者である女性の素行調査をしている人物だった。

□ 社会派の色が濃い作品
殺人事件が起こり、その犯人が見つかるまでが描かれれば推理小説なのか?という事を口にすると、難しい議論になってしまいそうなので、遠慮しておきます。
ただこの作品が推理小説としての楽しみ方が出来るのかと言うと、ちょっと疑問です。
社会派推理小説と呼ばれる中でも、事件の背景を色濃く描いいている作品だと思います。
人間模様などを重視する方なら問題ありませんが、トリックなどを楽しみたいと思っている方には少し拍子抜けかもしれません。
ネタバレなので省きますが、ラストシーンの描写もそれっぽい感じですね。

□ 感想
これは…好みだろって言われるかも知れませんが…言わせてください。
セックスシーン多すぎ。
途中で推理小説風に仕立てた官能小説かと思ってしまいました。
男女関係やらの描写が非常に多くて…疲れた…。
割りとページ数は多いのですが、その辺りを飛ばすとシンプルにまとまった一冊だと思います。
その辺りの描写が苦手ではない方、どうぞ。僕はちょっと苦手なもので…(^^;)



※この人の別の作品のタイトルとか見てたら、ちょっと大人な描写を多用される作家さんみたいですね。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.