About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
死霊の館 2005
B級ホラー、最高O(≧∇≦)O
ついつい連続で観てしまいました。

死霊の館-2005- (レンタル専用版) [DVD]お次に選んだのは『死霊の館2005』です。
アマゾンの評価が☆一つ、期待は高まるばかりです。

大学に通う生徒たちは、父親のツテで入手した、かつて猟奇殺人の現場となったお化け屋敷の中で肝試しをする事を思いた。
特に首謀者となるマークは、自分が気になっている少女リサがあこがれている教師への嫌がらせをしようと企んでおり、教師とその妻をお化け屋敷へと誘い出す事に成功した。
そこでかつての連続殺人犯の幽霊を呼び出すことになった。
しかしそれは冗談ではなく、本当に呼び出してしまったのだった…。

死霊相手に肉弾戦でぶっ倒す先生!

先生には過去に強盗を倒そうとした際に、周りの人を巻き込んでしまったと言う過去があります。
誤解を恐れず言うと、『だから、どうした』。
関係あるのかなー、かなーと思いつつ、あんまり関係の無い設定。

余りお金をかけず、限られた空間でだけ進行していきます。
スプラッターなシーンもありますが、とてもローテクで余り「うわー!」という感じではありません。
また随所随所で、外から異変を感じた『能力者』な人々が対処をしようとしているのですが、これがなかなかユニークな掛け合い漫才になっていて、寧ろ笑いながら見れる映画なのかもしれません。



テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1619-32f81dbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記