本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

小さくても心地よい庭はつくれる!-26件の実例から学ぶ庭づくり
最近、ちょっと庭に手を入れたいと考えていて、庭造りの本を読んでみました。

この本は『小さくても』と銘打っているので、選びました。
広く無くても庭は綺麗な方がえーやんねー(笑)。

26件の実例からと言うとおり、実際の庭を中心に解説しています。
庭にしても、何かをする時は全体像を描いてから出ないと用意が出来ないので、実際の庭をカラー写真で見れるので、全体をつかむ為にはちょうどいい内容だと思います。
個々の事例で使っているアイテムについても解説がなされており、気に入った部分だけを拾い集めていってもいいでしょう。

ただし。
一つだけ注意点があります。

実例の庭はどこも小さくないです。

あはは(^^;)
海外のだだっ広い庭を参考に挙げられるよりは、ずっと現実的なのですが、少なくとも世間一般で言う小さい庭ではないと思いますよー。
ただ一つの庭を数枚の写真に分けて解説する事でそれぞれの庭のサイズで、ここは真似出来る、ここはうちのサイズでは再現が難しそう…とか、そういった感じで選ぶ事が出来ます。

後、目安としての工賃の項目もあるのですが、非公開多すぎ(笑)。
非公開の方の方が多いのだから、最初から項目自体を消してしまえば良かったのに…。
っていうか、予算を上げられている方を見て気づいたのですが、この本は基本的に庭園業者などのプロへ依頼する部分が多いようです。
休日の暇つぶしを兼ねてと考えていた僕には、ちょっと肩透かしのような一冊でした。
でもこの費用であんなに綺麗な庭が出来るなら頼んで見ようかなとか思ってしまいますね(笑)。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.