本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

死せる神の島(上)/下村家恵子
ソードワールドがDS版で出ていると聞いて、思わず懐かしい!と思ってしまいました。

…で、ゲームは買ってないのですが、SFC版ソードワールドの原作に位置する『死せる神の島』を読んでみました。
まずは上巻から。

この作品は長編の上下巻からなるのですが、上巻の方はソードワールドをよく知らない人向けの導入部も兼ねています。
幾つかの冒険をこなしながら、やがて本編へと接続していきます。
ソードワールド関連の本を始めて読む時にも、ルールブックを除いては入門編として最適でしょう♪

□ あらすじ
パーティはバート、リザン、シラルム、プラムの四人で始まる。
(バートとリザンは、兄弟のようにして育った人間で、シラルム、プラムはそれぞれエルフとグラスランナーと言う種族。)
彼らは冒険の中で手に入れた『神像の武器』を『奇跡の店』(あぁ、定番だなぁ…)へ売りにいった事をきっかけに、バラバラになっていた神像の武器を集めることを依頼され、諸国へと冒険へ出ることになる。
その途中、リザンは敵のつけていたペンダントへ魅了され、自分でも判らない何かを探し始めるのだった…。


□ ゲーム版との比較
SFC版のソードワールドは遊んだことがあるのですが、確かに原作です。
酒場へ行っては与えられるタスクをこなしていくゲーム版に対して、キャラクターに個性が付与されている為、ゲームの輪郭を感じながらも、既読のような退屈さは感じませんでした。
この本を読んだからゲームが退屈になることも、ゲームをしたことがあるから、この本を読み飛ばせるという事も無いでしょう。

□ 感想
SFC版でも感じたのですが、この作品は導入部から本編へと繋がっていく感じが本当にスムーズです。
流れるように巻き込まれていく感じでしょうか。
急に正義に目覚めるとか、最初から使命感を持っているとか…。
ソードワールドにおける冒険者って、そういうヒーローであって欲しいとは思わないんです。
お金の為じゃ寂しすぎますが、もっと庶民感覚の…ね?
大きな事件へと繋がってく、死せる神の島ですが、大きくなっていくまでの流れが、冒険者らしさを失わないままと言うのが、とても良いと思っています。





もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.