About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
幻の指定席/山村美紗
山村美紗さんの古い作品、短編集を読んでみました。

□ 幻の指定席
電車の遅れを利用した、特急券の指定席のトリックです。
犯人の目線から描かれる作品です。
山村美紗さんの鉄道ミステリーというと、ご親友だったと言われる西村京太郎さん作品と比較してしまいます。
西村京太郎さんの数学のような綿密な組み立てとは異なる、山村美紗さんらしさの滲み出る鉄道ミステリーです。

□ 死人が夜ピアノを弾く
二時間ドラマにでもなりそうな、愛憎劇からの殺人を描いた作品です。
お風呂の水と、ガスを利用する事で死亡推定時刻を操作するなどの細かいトリックが行われています。
被害者が習っていたピアノの演奏で、周囲にも生きていることを伝え、かかってきた電話にも対応しました。
しかし思わぬところから事件の真相は暴かれることになります。
山村美紗さんらしい、女性心理を上手く描いた作品です。

□ 密会のアリバイ
自宅で殺されていた妻を手にかけた犯人を捜す、夫の執念の作品です。
山村美紗さんの作品で、男性のキャラクターがこれだけの執念を燃やすのは珍しい気がしますね。
テープレコーダーを使ってのアリバイ作りというのが、古きよき時代を思わせてくれます。
常連だから許される暗黙のルールを利用したトリックでした。
でも主人公が報われないですよね。
自分を裏切った妻の敵をとっても仕方がないと思う時もあったが、何かに熱中してなければ、たった一人になった淋しさをまぎらすことが出来なかった。

□ 新幹線ジャック
不可能とされた新幹線ジャックを実行した作品です。
グリーン車二両を人質とした理由は…?
いつの間にか犯人が増えていく、痛快なトリックです。

□ 不用家族
不倫相手との密会から戻ってくると、家が焼けて夫と子供が死んでいた。
犯人を探す中で、容疑者となった人物とは…。
こういう愛憎を描いた作品は、やっぱり山村美紗さんは上手いですね♪

□ 小さな密室
コインロッカーを使った犯罪です。
まだコインロッカーが真新しかった時代の作品だったようですね。
思わぬところから発覚するトリックなのですが、これも女性らしい視点といえるのかもしれませんね♪

□ 危険な忘れ物
刑事が、自らの子供の医療ミスで裁判相手だった医者が関わっていそうな殺人事件を全力で調査するという、倫理的にどうなの!?といった感じのする復讐劇です。
機械を共犯者とする手の込んだトリックが用いられています。
広いと白いって…東京弁であるんですねーって思ったりして。

短編集ではありますが、一つ一つ読みごたえのある短編です。
短くとも登場人物がしっかり描かれているのが、山村美紗さんの技量だなぁと思うのでした。



テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1599-d88747fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記