本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

古代山城・鬼ノ城を歩く/村上幸雄.葛原克人
岡山県の総社市にある鬼ノ城は、記録に残されていない謎の山城です。
記録に残されていないとは言えど、規模はそこそこ大きなものですし、築城に用いられている技術も非常に高いものです。
現在も調査が進められている山城です。
一度行ってみたいなと思いつつ、なかなか行けないままなので先に本で予習してみようと思い、読んでみました。

この本を選んだ理由は、カラーの写真が豊富なことです。
簡単な解説を挟んで前半部にかなり写真があるので、これで好奇心を燃やして、その勢いで後半の推察などがなされている部分を読めます。

すっぱりと分けられているので、もしそれほど深く立ち入らずに調べたいだけという方は、導入部~写真のページまでを楽しんで、後は拾い読みでもいいかもしれません。
写真の部分だけでも、実際に見に行った際に押さえておくポイントは充分に伝わります。

勿論、歴史のロマンスを楽しむのであれば、全部読むのが一番です。
鬼ノ城は白村江(現在の韓国の地方)の戦いで日本が敗戦した際に、後に追撃を受けることを懸念して作られたものだという説が存在します。
この本はそうした部分から、同時代の他の山城などのつくりなども考慮しつつ、どのような城で、どのような目的で建てられたのかなどを推察しており、初めてこうした研究を知る方にも優しい内容になっています。





もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.