本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

なぜ、ぼくのパソコンは壊れたのか?/マイナク・ダル
少し前にドラッカーさんの教えを判りやすく、部活動での実践に置き換えた小説『もしドラ』が人気を博しましたが、この本も同じような流れにあるもので、自己啓発本の説明の部分を小説としたものです。

ビジネスマンとして第一線で活躍していたマユクのパソコンに、ある日奇妙なウィルスが入った。
彼の人生に干渉するようなメッセージを残しつつ、急にシャットダウンしたり、スケジュールのソフトを入れ替えたり…。

しかしマユクはウィルスの気まぐれに引っ張りまわされながら、だんだんとこのメッセージが、彼のキューブ(ワークスペースを区切った敷居の中のこと)での仕事と生活のあり方へ対するメッセージであることに気づき始めます。
そしてそれに沿って仕事と生活を続けていく中で、彼は自分が良い方向へ変化していくことを感じ始めます。
更にウィルスは株価と、彼の私生活を組み合わせたチャートさえ作って見せたのです。

この本における『ウィルス』は、自己啓発本の一つ一つのセンテンスのタイトルに相当します。
奇妙な現象という形は取られているものの、家庭や自分自身の生活が充実してこそ、仕事だって結果が出てくるというものなんですよという事を説いているんですね。

ワーカホリックな人々へ向けて、ごく当たり前のメッセージを伝え続ける素敵なウィルスの物語です。
マユクはコンピューターをハックされて、強制的に従いましたが、この本を読んだ僕たちがそれを実践できるかどうかは、今の状況を打破したいと願えるかどうかにかかっているのかもしれません。
出かける前に少しの運動をしてみること、仕事の合間にちょっとだけ自分の為の時間を入れてみること…。
定時に帰ったり、社外でのミーティングをすぐに実践するのは難しいかもしれないけれど、明日から、もしかすると今日から実践することも可能な内容だってあるんです。
頑張って実践してみたいですね。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.