About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
枯葉色グッドバイ/樋口有介
樋口有介さんの作品を久し振りに読んでみました。

独特な世界観が、やっぱり好きなんですよねー。
でもなかなか読めないのは、彼の描く主人公というのが、自分自身と似ているような気がするからでしょうか。
読み始めるまでに時間がかかり、そして読み始めると一気に終わってしまいます。
今回の作品は元刑事が関わる殺人事件という、ありがちな展開ですが、その刑事がホームレスになっているという、ちょっと飛んだ設定の話です。

□ あらすじ
吹石夕子はある一家殺人の犯人を追い続けていた。
ある日、唯一生き残った長女の友人が公園で殺害されていた事を知り、事件との関係性を確かめるために現場を訪れた。
そこで、かつて自らの教官だった椎葉明郎と思われるホームレスを見つけたのだった。
まさかと思いつつ、彼女は椎葉明郎を確認して、彼を日当二千円+必要経費+いくらかの酒代で雇うことになった。
一家殺人、公園の殺人、そして生き残った長女の『実父』…。
三つの問題が絡み合う殺人事件へ、ホームレス刑事が挑む。

□ 無気力な元刑事
樋口有介さんの描く中年の主人公ってそもそも無気力な感じがしますが、いい感じで力の抜けたところがホームレスに合っているのかもしれませんね。
必要以上の正義感や義務感にとらわれず、淡々と処理をしていきます。
ある意味、ハードボイルドな感じもしますよね。
老練な刑事としての勘や、ホームレスらしい目線を駆使して調査を進めていきます。
とてもいいキャラクターなので、出来ればレギュラー化して欲しいと思うのですが、今のところ続編は無しのようですね。
二人も美女がご帰還を待っているのですから、ぜひ戻ってきて欲しいですね♪

ネタバレ等は続き以降で。



この作品、前述の通り三つの問題が登場します。

1.捜査が行き詰っている一家殺人
ヒロインにしてもう一人の主人公である吹石夕子が最初から携わっていた事件です。
彼女はこの事件で一人生き残った長女へ疑惑の目を向けていました。
そんなところへ、彼女の友人が死んだ…しかも、この友人は事件のあった時に長女のアリバイを証明した人物です。
そこで事件への関わりを疑って(期待して?)彼女の管轄ではなかった公園での現場へ向かうことになります。

2.公園での女子高生殺人
前述の一家殺人の唯一の生存者だった長女の友人です。
公園で殺されているところが発見されました。
制服のない学校に通っているのに、制服を着用していたり、乱暴をされた形跡が残るなど不審な点がありました。
彼女が殺された場所というのが、椎葉がテントを構えている公園でした。

3.坂下美亜の父親
一家殺人の際に外出していた唯一助かった長女、坂下美亜にはある秘密があった。
彼女が一緒に暮らしていた父親は、DNA鑑定によると血の繋がりは無かったのである。
では彼女の父親は誰なのか…?

大抵の推理小説ではこの三つの事件は最終的に一つに集約されます。
一つの事件を追及していけば、三つとも解決♪というのが定番ですよね。
しかしこの作品において、三つの事件は全く繋がりません。
一家を殺した犯人A、女子高生を殺した犯人B、そして坂下美亜の父親C…全てばらばらで、面識も無ければ繋がりも、交換殺人のようなそれぞれの利益も無い、別々の出来事なんですね。
なのでホームレス刑事の椎葉は、一つの長編の中で別々に三つの事件を解決しています。
さすが元敏腕刑事(笑)。

樋口有介さんはトリックなどを楽しむというよりは、殺人事件の空気の中にある人物ドラマを描くような作風の作家さんなので、まぁこれもありかなとは思うのですが、そこそこのページ数があって、頑張って読み進めて、最後で三つとも無関係でしたー☆というのは、肩透かしというか、逆に新鮮な驚きがありました。

でもキャラクターの魅力で埋められちゃう。
それが樋口有介さんという、推理作家さんなのでしょうか。


テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1590-cc739001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記