本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

或阿呆の一生/芥川龍之介
芥川龍之介さんの或阿呆の一生を読んでみました。

この本は芥川龍之介さんが自殺をする少し前に書いたもので、発表は死後の事です。

非常に短い作品を51個からなる作品です。
ショートショートのような完成した短編というものではなく、物語の一場面を切り抜いてきただけのような『断章形式』がとられています。
この作品は死を覚悟した上で書かれた芥川龍之介さんの自伝だとされています。
もしかすると、これは生前にきちんとした文章で作り上げられた走馬灯なのかもしれません。

一つ一つの場面で、芥川龍之介さんの人生への絶望や失望、そして死への憧れが描かれています。
第三十一話にある『大地震』では、子供の死体を見て『何か羨ましさに近いものを感じた。』として、生への執着が失われている様子が描かれています。
続く三十六話の『倦怠』でも、『彼は実際いつの間にか生活に興味を失つていた』と書いています。
死にたいと願うのではなく、生きることに疲れた…そんな感じが文章全体から伝わってくるようです。
砕いて言うと、人生のどんな場面においても、彼は生きていこうという気持ちを抱けなくなっていたのではないでしょうか。
第四十九話の『剥製の白鳥』では『彼の前にあるものは唯発狂か自殺かだけだつた』とあります。

人生における選択肢をそこまで絞ってしまうものが何だったのか…。
それは或阿呆の一生からだけでは読み取れないことだと思うので、芥川龍之介さんについて詳細に記した本を読んで考えていくしかないと思います。
ただここまで追い詰められても、それを文章として、作品として記せる力に、長く名前を残し続ける作家・芥川龍之介の真髄を感じるのです。

第八回目の『火花』で、彼は命に代えても欲しかったという『紫色の火花』というものを記しています。
これは彼にとって、何かを表現すること、小説を書くことだったのではないかと思うのです。
書くことに生きる意義をなんとか見出していたのではないかと。
しかし一番最後の第五十一話の『敗北』に、こんな文章が登場します。
言はば刃のこぼれてしまつた、細い剣を杖にしながら

彼にとっての文章が剣だったのだとすれば、もう何かを表現する事さえも、彼を生へ繋ぎ止めておく事が出来なくなったのかもしれません。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.