本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

摩天楼 薬師寺涼子の怪奇事件簿/田中芳樹
薬師寺涼子の怪奇事件簿の続編を読んでみました。
前回、東京ナイトメアを読んでみたのですが、発表純で行くと、こちらが第一作目という扱いになるのだそうです。
作品の発表準による混乱や、前後関係の乱れは特に無いようです。
ただ薬師寺涼子という人物のインターポールへ行っていたなどの細かい紹介や、泉田準一郎が恋人と別れたばかりだという設定も登場します。
ちなみに過度のダイエットを諌めようと、デリカシーに欠ける発言をしたのが原因なのだとか。

摩天楼と題された本作では、ホテルで行われた選挙応援のパーティが事件の場となります。
出口を封鎖されたホテルの中で、不意にシャンデリアが落ちたり、像が倒れたりと、何人もの死者が続く。
薬師寺涼子は超科学的な犯人の存在をつきとめ、そして戦いを挑みます。
もう一作、短編が付け加えられています。
コチラも超科学的な生物兵器を使った殺人を扱ったもので、作品の内容よりも、こういうSFチックな作品でも、推理小説の短編のように上手くまとめられるんだなぁと、作者の腕に感心してしまいました。
時系列では摩天楼の事件の直後に相当するもので、最初は後日談か何かと思ったのですが、独立した作品でした。

差異と言う点では、事件が凄惨なことは挙げてもいいと思います。
後のシリーズ展開された作品群より、ちょっとホラーの色が強いかもしれません。
後、薬師寺涼子のキャラクターが強烈です。
一作だけと言う割りきりがあったのか、言葉もきつめのものが多いですし、周りへ対する態度も皮肉で相手をやり込めるという点では共通するものの、どちらかと言うと好戦的な態度で相手に挑むような表現が見られます。
やはり見る順番としては摩天楼~東京ナイトメアという、発表順がお勧めだと思います。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.