本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

ターンエーガンダム/福井晴敏
生きてる間くらい、笑ってなさいよ

小説版のターンエーガンダム、下巻を読んでみました。

上巻でも小説版と原作であるアニメ版の違いはあったのですが、下巻はかなり違います。
小説版はどの作品も比較的対象年齢が引き上げられているのですが、∀はそれがとても顕著です。

多くの命が奪われ、多くの人が狂い、多くの人が傷つきます。

ただ表現こそ非常に厳しく、本当に多くの人が死んでしまうのですが『再生』をテーマにしていた点では一貫してブレていなません。
どれだけ傷ついて、どれだけ疲弊しても希望があれば頑張っていける。

月の住民は、どこかで科学技術を否定しながらもそれを捨てきれずに科学技術による地球再生や冬眠を行った。
地球の住民は、月からもたらされた技術に傾倒し、それを手にすることでより良くなれると過信しすぎた。

でもそんな両者の衝突が、自分たちの手で丁寧に地球を取り戻していく事に行き着いた風景は、やはり人のあるべき姿はこういうものなんだなと思わせてくれます。

傷ついたロランを救ったのが、明確な答えや未来ではなく、ソシエの涙と微笑だったように。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.