About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
はらだしき村/原田宗典
原田宗典さんが開いている公式サイト、『はらだしき村』。原田宗典さんは、この中では尊重という役回り、そしてお父さんは図書館の館長という役回りを勤める、ちょっとしたバーチャルリアリティ空間を作って楽しませてくれるサイトです。

現在、このサイトは原田宗典さんの写真付き日記が読める他、書評や掲示板への書き込み、また先述の日記へのコメントが出来るなど、非常にコミュニケーションを重視した内容になっています。
このサイト内で掲載されていたWeb限定のエッセイを、一冊の文庫本としてまとめたのが、サイトの名前をそのまま受け継いだこの本です。

内容は、原田宗典さんの普段のエッセイと余り違いはありません。
幼少期~青年期のエピソード、好きな物について、日常に潜む些細な疑問など多彩です。
ただ、単純に面白さだけを問うと、原田宗典さんのエッセイにありがちな、本を抱えたまま噴出してしまうような感じではなく、もっと淡々と思いをなぞっていくような書き方です。
商用向けと、思ったことを書き綴れるWebとの自由さの違いなのでしょうか?
落ち着いた文面の原田宗典さんも良いです。サイトオープン記念の特別エッセイの、妙に肩が張った感じも要注目ですっ。

そして、普段どおり雑誌に連載したエッセイも収録されています。

『思い出の風景と風景の思い出』では、旅行やら故郷やら、風景という言葉をキーワードにしたエッセイ、『耳よりな話ばかり』は有線関連の雑誌に連載されていたようで、原田宗典さんの音楽的趣向が良く判るエッセイです。
『遠景および近景』は、これもまた真面目なエッセイ。
近景の部分で語れる家族への想い―。
エッセイの中で度々登場した有名なお父さんへの思いも綴られています。
そして、原田宗典さんの当時の特徴だった長髪。これが切り落とされた日の出来事もこのエッセイ集の中で語られています。

ところで、この本の中には偶然にも『美しい日本とは何か?』というタイトルのエッセイが登場します。
『本当に美しいものは、目には見えない。だから失ってしまい易くもある』
このフレーズを読むと、今の日本は無理に美しいものを見ようと、見える形にしてしまおうとしている…そんな気がしました。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/156-34a1cb14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記