本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
世界の寺院/アフロ
僕は色々な古い建物を見て回るのが好きで、よく神社や寺院にも行きます。
今回は自分ではとても行けそうにない世界中の寺院を写真で楽しんでみようと、読んでみました。

寺院というと、やっぱり日本の寺院のイメージが強いですよね。
和風の落ち着いた雰囲気の建物。
鉄筋よりも、木造かな…とか。

しかし寺院というものが元々和風だったから日本の寺院が和風のデザインになっているわけではなくて、日本にあるから寺院は和風の建築になっていて、それが伝統的に引き継がれて和風の寺院が多いのが正解なのでしょう。
そんな単純なことさえ考えたことが無かった僕は、洋風でカラフルな色彩を持つ寺院の数々に驚いてしまいました。
日本にある宗教施設で洋風で色鮮やかというと、キリスト教の教会のイメージがあったりしますが、僕は無知だったので思わず世界の寺院と間違えて、教会の本を手に取ったかなと思ったほどです。
(※ちなみに世界の教会という本も、実際にあります)
よく考えて見れば、僕の地元にある神仏習合の寺院、最上稲荷にもインド風の建築が見られるんですけどね。

そういった意味でもカルチャーショックの一冊でした。

ちなみにこの世界の○○というシリーズは世界中の建物や乗り物や家などを手広く扱っているのですが、基本的にそれについて学ぼうとか、細かい解説や考察をするという作品ではなく、写真が中心になっています。
難しいことは考えずに、ただただ異国と自国の違いや、美しい風景に感嘆すれば良い、とても気持ちの良い時間を提供してくれるシリーズです♪




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。