本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

Web design 100/AXIS12月号別冊
実際に運用されているWebデザインを紹介、特筆すべき特徴などについての解説を加えるというサイトシーイングの本です。

1997年の本だけに、やはり随所に古さが目立ちます。
GIFアニメがちょこちょこ見れる辺りには、既に斬新さではなく懐かしさを感じます。
この時期のWebデザインは今とは別の意味で、凄く凝っています。
技術も限られていたのだろうし、当時はまだまだダイヤルアップなどのナローバンドが主流の時代…画像の重さ一つにも過敏にならなければいけないような状況もあったのでしょうか。
それでもそんな状況でも他のサイトとの差別化をする為に色々なやり方が編み出されたものです。

パッと見たときに目を惹くような、インパクトのあるデザイン。
画像や写真自体の凄み…。

この時代だからこそ、ここまでこだわったのだと思います。
技術を詰め込んだシンプルさも良いですが、こういうのも面白い…というか、改めて見ると、逆に新しい感じさえします。

紹介されているHPの多くは海外のものです。
特にデザイン会社が多いのは、やはりさすがにこだわりがあるということでしょう。
もう十年も前の本なので、参考にするには古すぎる部分もあるし、現在では敬遠されがちな部分がある事も事実です。
しかし面白さ、人の目を惹くサイト…そういう部分では、インターネットの世界にも温故知新の時代が必ず来る。
長いときを経ても、人の心を掴むデザインの数々を見ていると、切実にそう感じました。きっと、またこんなデザインのWebサイトと出会える日がまた来るのでしょう。

谷村有美さんの公式サイトも紹介されており、古今東西を全く問わないので国ごとの趣向も楽しめる…一方、どういうサイトなんだろう?が見た目で判らないのは、ちょっと寂しい部分かもしれません。
英語の勉強も大事だと、妙なところで教えられた気分です。

頑張ります。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.